セロトニン薬のSSRIでは、セロトニンが増えない?

うつ病をはじめとした様々な精神疾患の際に用いられる「SSRI」という薬があります。

 

私も心療内科にかかった際に処方されましたが、

これはセロトニンの分解を阻止し、結果的にセロトニンの濃度を高めてくれる効能があります。

 

安全性が高く、副作用も少ない事から精神病領域ではもっとも使われている抗うつ剤の1つです。

 

セロトニン薬

 

しかし、あくまで分解を防いでくれるだけなので、セロトニンの分泌を増やす効果はありません。

 

 

なので、「セロトニンの分解を防ぐSSRI」と「セロトニンを増やすサプリ」を一緒に服用すると、『セロトニン症候群』といって、セロトニンの過剰反応が起こってしまう場合があります。

 

 

抗うつ薬として処方される4種類のSSRI効果と副作用

 

セロトニン不足がうつ病の原因と考えられている事もあり、現在日本では抗うつ剤として処方可能なSSRIは4種類あります。

 

それぞれ細かい特徴などがあり、どれもセロトニンを増やす働きを持っている事は同じですが、ここではそれぞれの細かい効果や副作用についてご紹介します。

セロトニン薬SSRI

 

 

フルボキサミン(商品名:ルボックス、デプロメール)

生産している会社が違い、2種類の名前がありますが成分・効能は同じです。主にうつ病や強迫神経症、社会不安障害などの改善に用いられます。

 

他の薬と一緒に飲むことを禁じるケースが多く、特に睡眠薬との併用は注意が必要です。強い吐き気を催すなどの副作用が特徴的です。

 

パロキセチン(商品名:パキシル)

効果の強さは一番あると評価される事が一番多いSSRIですが、効果が強いため注意もその分必要となってきます。

 

副作用の特徴としては、強い眠気です。突然襲ってくる眠気となりますので、なかには意識を失ったかのような眠りに付く方もいます。

 

セルトラリン(商品名:ジェイゾロフト

効果は穏やかですが、副作用も軽めであり、安全性が高くバランスが良いとされる薬です。

 

主にうつ病やパニック障害に効果的とされており、良く処方されるSSRIの1つです。

 

エスシタロプラム(商品名:レクサプロ)

うつ病に効果的とされ、一番新しいSSRIです。他のSSRIと比べ、飲み始めから効果を実感できるまでが短い事が特徴です。

 

しかし、メリットだけではなく副作用も多く、吐き気や眠気、頭痛などで悩まれる方も多いのが特徴です。

 

 

セロトニン薬の様々な副作用

 

SSRIは安全性が高く、副作用や依存症の心配は少ないと考えられています。

 

しかし、あくまで薬なのでまったく起こらないわけではありません。

 

  • 吐き気
  • 眠気
  • 不眠
  • 頭痛
  • ふるえ
  • 便秘
  • 口の渇き

 

眠気が出る場合もあるし、不眠になる場合もある。と、人によって症状は様々です。

 

セロトニン薬副作用

 

 

そのため、摂取量や用法については専門の医師にしっかり相談して決める事が大切です。

 

飲み始めてから2~4週間程度はなかなか効果を実感するのが難しい事も特徴。

 

 

私はセロトニン薬には反対ですが、医師を信じて処方されたのであれば、効果を感じられないからといって自分の判断で服用をやめることなく、医師と相談しアドバイスをもらったうえで徐々に減らしていくのが良いと思います。

 

 

>>セロトニンを増やすサプリ!薬に頼らず睡眠うつ改善 TOP